ここから本文です

baserCMSニュース

baserCMS 5 開発ミーティング@島根

こんにちは!baserCMSリリースマネージャーの永冨です。

2018年11月24日(土)、出雲の国は島根県松江市にて、baserCMSコアデベロッパーズのミーティングが行われました。
前日にbaserCMSはOSC 2018 しまねに出展したあとでのミーティングでしたが、島根はちょうど旧暦10月、その日は神在月の最終日でした。八百万の神がお集いになられたころ、ちょうどbaserCMSのコアデベロッパーズも一同に会しました。現地7名、ビデオチャットによる参加4名の、総勢11名によるミーティングとなりました。

baserCMSコアデベロッパーズMTG

さて、このミーティングですが、メイントピックは次のメジャーアップデートであるbaserCMS 5の開発方針についてです。

バージョン5の一番の変更点はCakePHP 3系化です。現在baserCMSはCakePHP 2系を基盤としていますが、これをCakePHP 3系に置き換えるというものです。最新のフレームワークを利用することで様々な恩恵を受けつつ、参加する開発者のモチベーションをかきたてようというものです。

他にも以下のようなトピックについて開発方針が話し合われました。

  • コアのコンパクト化および疎結合化
    • 改めてコアとは何かを定義し、コアでないと判断されるものについてはプラグインとして抽出する
  • プラグイン作成を容易にするためのAPIの充実
  • Composerを利用した配布や自動アップデート
  • REST API対応

これらのトピックについて検討する上で課題の洗い出しや整理が行われ、開発方針が着実に定まりました。

今後は開発合宿なども企画され、いよいよ本格的にbaserCMS 5の開発がスタートしていきます。

基本になっているのはbaserCMSのファウンダーである江頭さんの、「baserCMSはWeb制作者のためのフレームワークでありたい」という思いです。
baserCMS 5がどういった形で完成し、世の中にリリースされることになるのか、いち開発者としても非常に楽しみです。

IMG_3647.JPG

レポート 2018/12/06 永冨 隆之
baserCMS最新版ダウンロード

ダウンロード数: ...

最新バーション: ...

Powered by 継続的クラウド型Web脆弱性検査ツール

メールマガジン•登録無料
baserCMSの最新情報を
毎月第3週に配信しています。

Powered by 送り方 選べる!メール配信サービス

11月 2018年12月 1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031