ここから本文です

環境別インストール対策

baserCMSはPHPが動作する全てのサーバーで動作できる事を目標としていますが、サーバーの環境によっては インストール時にどうしてもアナログな作業が必要な場合があります。
ここでは、その対応方法についてご説明します。
サーバーごとに必要となる対策が違いますので動作確認済レンタルサーバー一覧をご確認ください。

※ 「RewriteBase対策」が必要となるのは、「スマートURL」を実現したい場合のみです。スマートURLでなくてもよい場合は不要です。
※ 「スマートURL」は、baserCMSのバージョン 3.0.9 より、デフォルトで ON となりました。
 (インストール開始段階でスマートURLに設定するというもので、ApacheのRewriteモジュールが有効であることを前提としています)

RewriteBase対策

「RewriteBase対策」が必要となるのは下記の場合です

  • .htaccess をアップロードした際に「Internal Server Error 500」が発生してしまう。または、CSS が正常に読み込まれなくなり画面が崩れてしまう。
  • インストール完了後、トップページや管理画面に移動すると「Internal Server Error 500」が発生してしまう。または、CSS が正常に読み込まれなくなり画面が崩れてしまう。

この場合、あらかじめ同梱の .htaccess ファイルに RewriteBase設定を施しておく事で解消できます。

手順

※ サーバーによっては、RwriteBaseの設定値を見直す必要がある場合があります。うまくいかない場合は、ユーザーズフォーラムでご質問ください。

  • 下記2箇所に設置されている .htaccess を開きます。
    • /.htaccess
    • /app/webroot/.htaccess
  • スマートURLのためのRewrite設定について解説の記述がありますので、解説文にしたがってRewrite設定を有効にして下さい。
    ※「.htaccess」は特殊なファイルなので、ファイルを開く際には、TerapadやEmEditor等の、メモ帳以外のテキストエディタ(ソフトウェア)をご利用下さい。

core.php書き換え対策

「core.php書き換え対策」が必要となるのは下記の場合です

  • インストールの初期画面のCSSがリンク切れになり正常に表示できない

この現象は、PHPがCGIモードで動作している場合に発生する事があります。
インストール開始前に、core.php を書き換え、さらに、.htaccessファイルをあらかじめアップロードする事で解決できます。

※ この対策は、インストール開始段階で強制的にスマートURLに設定するというもので、ApacheのRewriteモジュールが有効でない場合は利用できません。

手順

  • インストール画面を開く前に/app/config/core.php を開き次の行を探します。
    Configure::write('App.baseUrl', env('SCRIPT_NAME'));
  • 次のように書き換えてサーバーにアップロードします。
    Configure::write('App.baseUrl', '');
  • インストール画面を開き、正常に表示されていれば完了です。
baserCMS最新版ダウンロード

ダウンロード数: ...

最新バーション: ...

Powered by 継続的クラウド型Web脆弱性検査ツール

メールマガジン•登録無料
baserCMSの最新情報を
毎週1回配信しています。

Powered by 送り方 選べる!メール配信サービス

  • baserマーケット
  • baserマガジン
  • それいけ!baserCMS

- P R -

ビーコミ - baserCMSの総合サービス