ここから本文です

baserCMS開発ブログ

VagrantでbaserCMSのお手軽環境構築

logo_vagrant-81478652.png

こんにちは、baserCMSの開発メンバーのryuringです。だいぶ久しぶりのブログ更新です。

先日、JAWS FESTA Kansai 2013 に参加した際に、Vagrant について色々と教えてもらいましたので、早速、baserCMS3の環境を簡単に構築できるboxファイルを作ってみました。

ファイル容量がけっこうあるので、最近色々と試しているAWSのS3にboxファイルをアップしてみました。

http://basercms.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/vagrant_boxes/CentOS-6.4-x86_64-basercms3-beta-v20131011.box

 

構築手順は次のとおり。

  • VirtualBoxをインストール
  • Vagrantをインストール
  • vagrant box add で、上記のboxを追加
  • vagrant init を実行
  • Vagrantfileにforward_portの設定を追加(config.vm.forward_port 80, 8080)
  • vagrant up で仮想マシン起動
  • ブラウザで接続確認(http://localhost:8080/basercms3/)

 

Linux、MySQL、baserCMSのログイン情報は全て次のとおりです。

  • USER: root
  • PASS: vagrant

 

なお、Vagrantについてものすごくわかりやすく説明されている資料があるのでこちらを参考にしてみてください。Vagrantをまだやった事がない方はいい機会ですね。

 

それから、baserCMSは、/var/www/html/basercms3/ に設置しており、SSHでフォルダに入って、git pull すると最新の開発版が落とせます。

git pull origin dev-3

ミドルウェアの設定は最低限ではありますが、動作を確認するにはちょうどいいと思います。
是非、お試し下さい!

 

関連リンク

 2013/10/15 ryuring
baserCMS最新版ダウンロード

ダウンロード数: ...

最新バーション: ...

Powered by 継続的クラウド型Web脆弱性検査ツール

Google グループグループ
baserCMSユーザー会
baserCMSの最新情報を随時配信中!
メーリングリストに参加
[Eメール]
9月 2017年10月 11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031