ここから本文です

baserCMSニュース

baserCMSへかける願いとは?【公式認定】エバンジェリストへインタビュー

zentai.jpg

こんにちは!最近から baserCMS の広報をさせて頂いてます濱地(ハマチ)です。
baserCMSって公式エバンジェリストが存在するって知ってました??

【エバンジェリストとは】
ある製品に関する熱狂的な信奉者で,他人にその魅力を伝えようとする人。また,情報通信産業などにおいて,自社製品の啓発活動を行う職種。
引用元:エバンジェリストとは

今回、baserCMS をもっと知って頂きたいという思いを元に、baserCMSのファウンダー江頭さんを迎え、ノウハウや技術を分かりやすく、さらに皆様にご活用いただける様、baserCMS公式エバンジェリストとして2名の方にエバンジェリストとしての活動や現在の baserCMS について伺いました。

「株式会社エイチエムエス・インターナショナル」の安部 大輔さんと
「DECORU オーナー / BLUE STYLE」の外谷 洋二郎さんです。

安部 大輔さん

abesan_pro_03.jpg

「Webはマーケティング、マーケティングは経営に直結している」ということを意識したディレクションを心がけています。
クライアントの先にいるカスタマーの事を考えるようにしています。
ITコーディネータという経営系の資格を取得しています。

外谷 洋二郎さん

toyasan_pro_03.jpg

2007年からネットショップを運営し始めて、HTML って何?というところからコツコツと勉強して今に至ります。
長年のネットショップオーナーの経験と実績を活かし、ショップ運営のアドバイスからサイト制作までを行っております。
2013年には EC-CUBE のエバンジェリストに任命され、
今回、2016年、baserCMS でもエバンジェリストに任命されました。

[BLUE STYLE]
2007年から DECORU というネットショップを運用。
2013年には、国産オープンソースを使ったウェブ制作事業 BLUE STYLE を立ち上げ、長年のショップオーナーの経験から、お客様の立場に立ったサービスを展開している。
http://bluestyle.jp/

 

ーどんな経緯でエバンジェリストに就任されたのでしょうか

濱地:
では早速、安部さんから baserCMS のエバンジェリストに就任された経緯をお聞かせください!

安部さん:
僕は、江頭さんに誘われた事がきっかけでした。
元々、色んな CMS を触るのが趣味で、その中で baserCMS と出会いました。
baserCMS に触れてみて、他の CMS や WordPress と似ている様で、できる事が違う、少し違う所がちょうど良く引っかかり、好きになりました

それから、関東地方で開催されていたPHPカンファレンスやオープンソースカンファレンスの情報交換ができる場で、地元コミュニティを育てている事に貢献したいと思い、福岡で「baserCMS がありますよ!」って言ってまわっていた事がそもそもの経緯ですね。

僕は、デザイナーでもないし、プログラマーでもない。
どちらかと言うと、「ユーザーサイド」から見る baserCMS を捉えて、その良い所を伝えていきたいと思い、エバンジェリストをやってます。

僕にできない所を補ってくれるって意味で、作り手の立場にも近いエバンジェリストとして、外谷さんがいてくれるのが心強く思います。

たぶん、エバンジェリストの役割って、ユーザーと作り手の間で「翻訳」をするのが必要なんじゃないかと。

濱地:
ユーザーと作り手の間をとりもつ役割といった感じでしょうか。

安部さん:
ユーザーが「何を求めているか」を汲みとって、それを作り手に伝えるといった感じですね。

極論すると、ユーザーからするとCMSは何でも良いんですよ(笑)
そこで、ユーザーにとって一番求めているものがbaserCMS なら実現できる事が多いので、そこで「baserCMS があるよ」って事を伝えられればと思います。

1.jpg

江頭さん
そもそも、なんでご承諾頂けたんでしょうか(笑)

安部さん:
ひとつは、一番使っていた CMS が WordPress だったんですが、そこで、考え方が近い様で少し違う、できる事が違う所がちょうど良く、自分に引っかかったんですよ。
仕事として使うなら、そのちょっと違う所に意味があるなって事が多くて。
そこに可能性を感じました。

WordPress だとノウハウもある、本買えばカスタマイズもできるけど、でも、そんな事しなくても baserCMS では標準でできる。
って事が多くて。そんな所に魅力を感じています。

後は「地元産」という所ですね。
地元コミュニティの活動に貢献できる事に魅力を感じました。

2.jpg

江頭さん
そういえば、WordPress って元々は XOOPS のプラグインだったんですよね。

安部さん:
そうですね、そもそもは XOOPS から CMS を利用し始めたんですよ。
CMS って凄いって思って。
そこで、WordPress というプラグインを使ってみたらフッターに WordPress へのリンクが表示されていたんですね。
それをクリックしてみた時に、 WordPress って単体でも動くんだ
って気づいたのがきっかけで、それから WordPress に乗り換えたんですよ。

WordPress って最初、システムとしては凄くシンプルなもので、レンタルブログから一歩先に行きたい人が多く利用していて。
そこで、バージョンアップを重ねて3.0系になるとマルチブログができる様になって数ブログ持てる様になって。
で、カスタム投稿タイプ等が導入されて4系になって・・・
どんどんCMSとしての姿に変わって、WordPress 自体がフレームワークになりつつあると思います。

濱地:
外谷さんがエバンジェリストに就任頂いた経緯って何だったんですか?

外谷さん:
元々 EC-CUBE のエバンジェリストをさせてもらっていたので、エバンジェリストというモノに抵抗なかったのが、受けた理由ですね。

福岡に引っ越してきた直後ぐらいの時に、baserCMS の勉強会があったのがきっかけで、そこで出会った江頭さん(創設者)が凄い熱い男だったので、カッコイイな~この人って思って(笑)

EC-CUBE のエバンジェリストとしても、これからは CMS 同士(EC-CUBE と baserCMS)を繋ぎたいと思っています。

EC-CUBEのコミュニティの中でも、baserCMS がどんどん進化していってるのが面白いねって話で盛り上がっています。

baserCMS のエバンジェリストのお誘いを頂いた時に、パッと思い浮かんだのが、EC-CUBE のエバンジェリストの立場をうまく活かす事ができるなって。
お互いがお互い、良いバランスに持っていけるなって思いました。

EC-CUBE の足りない所が、コミュニティ力も含めて baserCMS が強かったり、逆に、EC-CUBE のプロダクトの強い部分が baserCMS が持ってないものだったり。
それをマッチングさせる事ができれば、相乗効果で良くなるなって思っています。

江頭さん
んん?baserCMS のコミュニティって強いんですか?

外谷さん:
そりゃあ、もう!

EC-CUBE のプロモーション力と、baserCMS のコミュニティ力がくっついてる感をプロモーションとして盛り上げていければいいなって。
僕の役割では、ユーザーが集まりやすい、使いやすい環境づくりをしてユーザーの敷居を下げたいと思っています。
baserCMS のブランドと EC-CUBE のブランドに対して『ユーザーが抵抗なく使える CMS』作りができればなあ・・・と。

安部さん:
僕の中で、ユーザーって2通りあるんです。
「制作者」として baserCMS を選んだユーザー、そして、実際に「運用していく側」としてのユーザー、ですね。
その両方の声がフィードバックとして届けば良いなって思います。

3.jpg

安部さん:
今後、サイトを運用するってなった時に、まず、baserCMS が候補に上がる存在にしていきたいんですね。

なので、baserCMS をホスティングサービスにしていきたいって話があったんですけど、先に進む意味で、baserCMS の SaaS化まで進んだらいいなと思います。

外谷さん:
SaaS の提供をする事によって、ブランド力もさらに上げる事ができると思いますね。

ーコーポレートサイトにbaserCMSをオススメする理由とはいったいどんな事でしょうか

安部さん:
まず、「必要なものが揃えやすい」ところですね。
baserCMS には、実際に案件で使用されている実用性の高いプラグインがリリースされているので、安心して組み込む事が出来るんですよね。

外谷さん:
WordPress だけじゃなく、EC-CUBE でもプラグイン選びは慎重にしないといけない所があるので、その安心感がbaserCMS を選択する決め手といっても過言じゃないですね。

4.jpg

安部さん:
CMS を作ってるのが日本人という安心感もありますよ。
たまにですが、日本語じゃないと納品できない事もありましたし、面識ある人が作ってるって所でも、愛着も湧きやすいですね。
CakePHP でできてる所も、とっつきやすくて良い。

外谷さん:
デザインって流行りもありますし、baserCMS のテーマコンテストで受賞したデザインテーマが公開されているので、お客様にテーマのデザインを見てもらう時に、凄く助かってます。
実際に組み込んでサイトを作る時に、とても楽に出来る所もオススメですね。

ー今後、baserCMSプロジェクトに願う事をお聞かせください。

安部さん:
WordPress の様に、ノウハウがもっと出回っていければと思います。
ノウハウがもっと公開される機会が増えると、もっとハードル低く、利用しやすいっていうのが伝わりますしね。

外谷さん:
EC-CUBE とのカート連携機能があると嬉しいです(笑)

ーでは最後に、エバンジェリストとしての今年の活動内容や抱負などありますか?

安部さん:
外から見た baserCMS を捉えた上で、baserCMS 本体のマーケティングをしていきたいと思っています。
プラグインの黄金パターンや導入方法の見せ方を増やしたり。

外谷さん:
勉強会などを積極的に開催、参加していきたいと思っています。
OSCにも登壇してみようかな〜、なんて考えています(笑)

貴重なお話、ありがとうございました!
今後、「エバンジェリストのおふたりに聞いてみよう!」などの企画も
今後考えておりますので、お楽しみに!
 

お知らせ 2016/05/06 はまち
baserCMS最新版ダウンロード

ダウンロード数: ...

最新バーション: ...

Google グループグループ
baserCMSユーザー会
baserCMSの最新情報を随時配信中!
メーリングリストに参加
[Eメール]
1月 2017年2月 3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728