ここから本文です

キャッシュについて

baserCMSは固定ページ機能を中心に表示速度を向上する為、サーバー上にもキャッシュを保存する「サーバーキャッシュ」の仕組みを利用しています。キャッシュとは、簡単に説明するとプログラム等の処理結果を保存しておいて、2度目以降のアクセスの際に、プログラムの処理を省略する仕組みです。
※ 初期状態では、CakePHPのファイルベースのキャッシュ機能を利用しています。変更する事も可能です。
(変更する場合、/app/config/install.php を編集します)

このキャッシュの仕組みは、管理システム上でWebサイトの運営を行う上では特に支障はありませんが、テンプレートを直接編集して更新する場合などに「反映できない」という症状が発生します。

テンプレートをFTPで直接アップロードすると反映されない

テンプレートをFTPで直接アップロードした場合、サーバーキャッシュが更新されないので、反映する事ができません。その都度、サーバーキャッシュを削除する必要があります。

管理システムにログインした状態では、サーバーキャッシュは利用しませんので、対象のページを開くと反映されているように見えますが、ログアウトすると前回生成されたサーバーキャッシュを利用する事となるので、表示上、巻き戻ってしまいます。この場合、サーバーキャッシュを削除するとログアウト状態でも反映する事ができます。

また、デバッグモードに設定していると、サーバーキャッシュは利用されないようになっていますので、初期制作の段階では、デバッグモードにしておく事をおすすめします。
作業が終わった後は、忘れないようにノーマルモードに戻しておきましょう。

Webページを更新したのに反映されない場合がある

サーバーキャッシュの問題

通常、固定ページのサーバーキャッシュは、更新とともに新しい内容で再作成されますが、何らかの原因で稀に反映されない場合があります。その場合、サーバーキャッシュを削除すると正常に反映できる事があります。

ブラウザキャッシュの問題

テンプレート上で、BcBaserHelper::cacheHeader() を利用している場合、初期状態で、1日間ブラウザにキャッシュする仕様となっています。反映するには、数回ブラウザをリロードしてみてください。

サーバーキャッシュの削除

管理システムにログインし、「システムナビ」にある「サーバーキャッシュ削除」をクリックします。

 

baserCMS最新版ダウンロード

ダウンロード数: ...

最新バーション: ...

メールマガジン•登録無料
baserCMSの最新情報を
毎週1回配信しています。

※ 登録にはGoogleアカウントが必要です。
  • baserマーケット
  • baserマガジン
  • それいけ!baserCMS

- P R -

ビーコミ - baserCMSの総合サービス