ここから本文です

baserCMS開発ブログ

TIPS

baserCMSのVagrant環境を用いてスマホ対応テーマ・プラグインを開発しよう!

logo_vagrant-81478652.png

baserCMS開発メンバーの滝下です。
開発ブログの更新が長らく止まっていましたので、ちょっと書いてみようと思います。

baserCMSは、公式サイトからダウンロード出来るパッケージの他に、githubのリポジトリから入手する方法があります。github上のものはbaserCMS本体やプラグイン等の開発を行う環境として公開されており、開発時に必要なファイルや設定が追加されています。

その中の特徴の一つとして、Vagrant設定ファイル(Vagrantfile)が同梱されています。Vagrantは仮想サーバを簡単に構築可能なツールですが、コマンド一つでbaserCMSの動作可能な仮想サーバを構築し、動作を確認することができます。Vagrantの利用方法は、少々古くなってしまいましたが次の記事をご参考ください。

VagrantでbaserCMSのお手軽環境構築

さて今回の記事では、Vagrantを利用してbaserCMSのスマートフォン対応テーマやプラグインを作る時に有用なテクニックをご紹介します。

≫ 続きを読む

TIPS 2015/03/26 MASA-P

固定ページからCSS、JSを読み込み指定する

baserCMSで固定ページを作る場合、「このページだけ別のCSSを読み込みたいんだけどなぁ〜」という場合があると思います。あると思います。え?ありますよね??

その場合、固定ページの編集画面から別のCSSファイルの読み込みを指定することが出来るのです。
「もちろんjavascriptも」

方法は次のようにすればいいんだよ。奇跡も魔法もあるんだよ。

≫ 続きを読む

TIPS 2014/02/25 gondoh

baserCMS 2.1系 から baserCMS3に移行する

こんにちは、開発チームの ryuringです。
今回は、baserCMSの baserCMS Advent Calender の 11日担当として頑張ります!よろしくお願いします!
※ 個人のブログがドメイン切れのようで・・・このbaserCMS公式の開発ブログをお借ります

先日、ようやくbaserCMS3をリリースする事ができましたが、標準で2系からのアップグレードをサポートしないという方針となりました。
理由は、大幅なアーキテクチャ変更により、フォルダ構成や、クラスファイルの名称、そして、APIの記述方法が変わってしまった為です。

ただ、「せっかくこれまで baserCMS を使ってきたのに、最新版に移行できないなんてひどすぎる」という方も多少はいらっしゃるかと思います。
という事で、Advent Calender の為、昨日の夜中に、えいやっとデータベースデータの3系対応ツールを作ってみましたのでここでご紹介させて頂きますね。

 

≫ 続きを読む

TIPS 2013/12/11 ryuring

メールフォームの初期値入力方法のご紹介

こんにちはこんにちは。baserCMS開発メンバのarataです。
今回は、baserCMSのメールフォームのちょっとしたTIPSをご紹介します。

baserCMSのメールフォーム、皆さん使われてますか?
送信先の指定ができたり、送信完了後のリダイレクト先の指定、BCCの指定やテンプレートの指定など、機能豊富で便利なメールフォームが、インストール直後から使えるようになってます。

≫ 続きを読む

TIPS 2013/11/04 arata

レイアウトファイルの変更

こんにちはマックスです。
それでは今回もさっそくいってみましょう!!

≫ 続きを読む

TIPS 2013/10/16 az_M_ax

ページの重複タイトルを回避する方法

ページカテゴリに属したページを作成する際に、「index」というページ名を配置すると、パンくずのカテゴリ名が indexページへのリンクとなっていい感じなのですが、その indexページ自体を表示させた場合も、タイトルタグとパンくずの部分に、カテゴリ名とページ名がそれぞれ表示されてしまいます。

ページ構成としては、カテゴリ名=ページ名となる事が多いのでウザい感じです。

例えば、「会社案内」というカテゴリに、「会社案内」というタイトルの index というページ名のページを作成した場合。

 

≫ 続きを読む

TIPS 2011/08/29 ryuring

CPIサーバーで共用SSL

こんにちは、@ryuringです。

またまた、CPIネタです。

コーポレートサイトの場合、お問い合わせフォームなんかはSSLに対応しておきたいのですが、CPIサーバーの昔のプラン?の場合、共用SSLを利用する為に、secure というフォルダにプログラムを入れる必要があります。

つまり、BaserCMSで共用SSLを利用しようとした場合、通常のドキュメントルートである html と、secureの両方に設置する必要があるという事なんです。

こうなってくると、BaserCMSのアップデートを行う場合、二つにアップデートをかける必要があったり、レイアウトファイルの修正が発生した場合も、両方のファイルを修正する必要が出てきたりと色々と面倒になってきます。

完全に対応する事はサーバーの仕様上難しいのですが、ここでは、BaserCMSのコアだけでも複数設置せずに済む方法がわかりましたので書いておきますね。

≫ 続きを読む

TIPS 2011/06/17 ryuring

CPIサーバーでスマートURL

こんにちは、@ryuringです。

今度もCPIサーバネタです。

CPIサーバーでは、スマートURLに切り替えると、サーバーエラーになってしまうのですが、次の一行を.htaccessに記述する事で、スマートURLを利用する事ができます。

Options +FollowSymLinks

 

URLの途中にindex.phpなんて入るはものすごく気持ち悪いですよね。

(例)http://basercms.net/index.php/contact/index

CPIでサーバーで、上のようなURLになっている方は是非お試しください。

スマートURLに切り替える前に記述しておきます。

TIPS 2011/06/17 ryuring

CPIサーバーで文字化け対策

こんにちは。最近、CPIサーバーでBaserCMSを使ったサイトを作っている@ryuringです。

インストール自体は何の問題もなくできたんですが、管理画面でデータを更新すると更新したデータが文字化けしてしまいました。

調べたところ、サーバー側の文字コードがEUC-JPとの事。
mb_internal_encodingを試みてみるも、サーバー設定に反映されず。

CPIサーバーは php.ini の設定ができるらしいので、BaserCMSを設置したディレクトリに、php.ini というファイルを作成し、次の一行を記述します。

mbstring.internal_encoding = utf-8

ただ、それだけでは、php.iniの設定は反映されないので、次の一行を .htaccess ファイルに記述します。

suPHP_ConfigPath /usr/home/{ユーザーID}/html/

※ {ユーザーID}の部分は、コントロールパネルにログインする為のIDを入力します。

これで文字化けが解消します。

TIPS 2011/06/17 ryuring

BaserCMSカスタマイズ時のポイント

こんにちは、@ryuringです。

最近、ユーザーズフォーラムでよく話題になっている事を少しまとめてみました。
BaserCMSのカスタマイズの参考になれば幸いです。

(もう少し余力があればちゃんとドキュメント化したかったのですが、取り急ぎ参考程度にどうぞ)

≫ 続きを読む

TIPS 2011/05/31 ryuring
baserCMS最新版ダウンロード

ダウンロード数: ...

最新バーション: ...

Google グループグループ
baserCMSユーザー会
baserCMSの最新情報を随時配信中!
メーリングリストに参加
[Eメール]
12月 2017年1月 2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031